リオサイトメル(Liothytomel)25mcg

筋トレ界で話題の“アナボリック”でマッチョを採集!

■筋肉アップはあなたの難点だ。

スマートな分け目が望ましい!筋肉があったほうが力強い!
うまれつき、どしどしこんな損にさらされながら生きてきました(笑)。

一部分を支配するそんな無理強いルール!
脂肪がつき辛く、直ぐ筋肉アップいただける青写真には、まったく問題ないのでしょうけど、
自分にとっては、ラッキーにおける大きな壁面となってさらに立ちはだかってきたのです。息苦しいほどに…。

従って、筋肉アップのためにそれこそうだうだ試してきました。
走ったり、筋トレしたり、たんぱく質しか摂らなかったり…。
その長年の貯金って内容の申し込み、仲間だけわかったことがあります。
それは、「結果が出るのにえらい機会がかかり、増強した筋肉が落ちるのは季節」という考え方関係批判(笑)。

あれ?なんか変だな。
やっとシレッとした感触で、筋肉アップ褒めちぎる青写真はいっぱいいるのに、どう私だけ貧弱のか?

こういう長年の要素に、いよいよ無感覚を切らした自分は、その人(筋肉アップ継続のお兄さん)に負荷で聞いてみたのです。
そうして、その筋肉アップ法を実践してみようと思っています。
今回は、その周辺をこういうブログに残そうとして、筆をとりました。

さて、結果からお伝えします。

■筋肉アップ法、そのレスは「アナボリックを制す!」

アナボリック??????? 
聴きなれない表示ですよね。
私も?でした。そこで受け売りですが、書いておきます。

「アナボリック」は?
—————————————————-
筋肉考え方などの器官たんぱく質配合の増殖や、
赤血球構成増殖反動のあるたんぱく同化反動の事。
貧血の遷移やカルシウムの解決を燃やす働きがある各自、
筋肉高まりを導くことから、アナボリックステロイドなど
筋肉アップ剤として世界中で使用されている。
—————————————————-

そんなふうに、アナボリックは筋肉アップをもたらす反動に関しまして、
もうアナボリックステロイド(筋肉アップ剤)は、
マッチョの世界ではメジャーな付きなんだとか。

も、気になるのは、漸く構造ですよね。
お兄さんいわく、確かに構造はあるけれども、
それをサポートするメインテナンス剤(クロミッドなど)を必ずや併用すれば、総じて大きな足元はないらしきのです。

また、一品についても、先発品ではなく同元のプロデュース外見が良いとのこと。
なので、私も可愛くわからなかったので、注目の候補に関しまして教えていただきました。

■注目の筋肉アップ!アナボリックステロイド!

●オキシポロン(先発アイテムアナドロール)
設定元は「オキシメトロン」、構造の女房化が小さく男性に推薦とのこと。

●メダナボル(先発アイテムダイアナボル)
設定元は「メタンジエノン」、世界で特に対応がありみんなに愛用されているらしい。男児御用達。

●アナドリン(先発アイテムアナバー)
設定元は「オキサンドロロン」、構造の公算が薄く、普通や女性の方に推薦。

●ウィンゾロン(先発アイテムウインストロル)
設定元は「スタノゾロール」、アンドロゲン(男児化)反動が短く女性の方に向いているらしき。

また、ステロイドに抵抗がある青写真は、
ステロイドを含まない“非ステロイド薬”もあるとのこと。

■非ステロイド薬でアナボリックを援助!

●スピロテロール
設定元は「クレンブテロール塩酸塩」、筋肉を維持したままで脂肪を落としてなくなるらしき。

●リオサイトメル
設定元は「リオチロニンナトリウム」、代謝を高めて受け取るらしき。

その他、「ファーミアマッスル」や「アナバー」といったサプリで量をみても良いとおっしゃっていました。

お兄ちゃん、ありがとう!

ここまで教えていただければ、あとは事柄居座るのみ。
アナボリックを制して、筋肉アップの行き来へゴー!

今から、どうなるかとっても楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です